「活動報告」カテゴリーアーカイブ

平成28年度支部総会

去る4月27日(水)に、南部支部の支部総会が、府中ホテルコンチネンタルで開催されました。

支部総会2016
支部総会2016

昨年度の決算の説明・承認、予算の説明・承認、支部活動の報告、本年度の支部予定などを決定する大切な会議です。支部役員だけでなく全会員が参加できる会議となっております。

鷹取副支部長の司会で開始し、定数の確認を行った後、鹿島支部長より挨拶。今期が2年目となります。支部役員は2年任期のため全員留任となります。

P1060556 (Medium) (2)

議長を選出し会議の進行は室本議長のもと進められました。書記の指名、議事録署名人の指名を経て、議題に入ります。

まず昨年度の事業報告を鹿島支部長が行い、承認されました。

次に昨年度の決算報告を石塚会計、監査報告承認を阿部監事、安村監事が行い、承認されました。

次に本年度の事業計画、予算案を鹿島支部長が説明、承認されました。

空き屋対策、公会堂の耐震化、など新規の方向性も示され非常に

すべての議題を終了し、無事支部総会は終了いたしました。なお、会員(出席していない方も含む)には後日総会資料を送付予定です。

P1060562 (Medium)

席を変え、懇親会です。こちらは支部会員だけでなく、日頃お世話になっている協力会員の皆様、地域の議員の皆様、事務所協会本部の皆様、近隣支部の支部長さんとたくさんのご来賓にご参加いただき、盛大に行われました。司会は村田業務委員。

来賓のご挨拶をいただき、協力会員の日興産業の鈴木氏の乾杯で始まりました。恒例の協力会員のアピールタイム、亘理相談役の詩吟などで盛会のうちに終了いたしました。

 

 

 

 

第43回調布市環境フェアーに参加しました。

環境フェア2環境フェア1 6月5日「第43回調布市環境フェアー」が市役所前広場で開催され、調布部会は調布市住宅課のブースで参加いたしました。

ブースでは、自然エネルギーや耐震化アドバイザー制度等の資料配布やPRを行い、その場で無料診断アドバイザー制度の申込をされる来場者も。

会場では鷹取会員のバルーンアートが大変好評で子供たちに人気を集めました。(比留間力三)

 

参議院及び虎ノ門ヒルズ見学会参加報告

IMG_1324 (Custom) IMG_1327 (Custom)

平成27年2月5日(木)午後0時30分に,大雪警報の出ている中23人程の会員・賛助会員の方が参加され参議院の入口待合室に集合し,会員の田中氏の紹介で衛藤晟一議員秘書の芝原氏の協力と御案内により参議院本会議場を衛士の方の説明と芝原氏のお話により通常では聞けない話等を伺い興味深いひと時を過ごさせて頂きました。見学終了後,通常では入れない参議院食堂にて飲み物をいただきました。貴重な時間をさいて同行及び貴重なお話を聞かせていただいた芝原氏に感謝いたします。

参議院より地下鉄にて虎ノ門に向かい虎ノ門ヒルズを見学にいきましたが見学する範囲が狭いのと食事する店以外に散策する場所がない上に外は雪混じりの冷たい雨が降っており適当に時間をつぶすのに少し退屈してしましました。晴れていればすぐそばの愛宕山に登り周囲を散策出来たのに残念でした。十数年前にこの近所に勤務していた小生にはビルの中に一部だけ低層の建物が立ち並んでいた光景が目に浮かびマッカ-サ-道路が現実として出来ていることに驚きを覚えずにはいられませんでした。

見学終了後に徒歩にて新橋駅に向かい駅そばの新橋魚金にて懇親会を行いおいしい食事とお酒をいただき大変満足いたしました。

最後に参議院見学に尽力いただいた田中さんとしおりの作成及び懇親会企画等をしていただきました幹事研修委員の方々に感謝し報告といたします。

(情報委員 株式会社 I・E・A 細貝実)

「木造耐震改修Q&A集」講習会

一般社団法人東京都建築士事務所協会では、技術講習会を行ったりするだけでなく、会員設計事務所の技術を活かすべく書籍を発行することもあります。このたび木造耐震専門委員会では、木造耐震診断や補強の実務上の疑問や留意事項についてQ&Aの形式でまとめ「木造耐震改修Q&A集」を発行しました。その講習会が10月1日に新宿、10月22日に立川で行われ、非常にたくさんの会員事務所の方々が受講しました。

南部支部では、支部長より参加呼びかけをしたこともあり、たくさんの会員建築士(目視で15名ほど確認)が受講いたしました。設計のプロである建築士は、有資格者というだけでなく日々技術研鑽を重ね、お客様のお役に立てるように努力しています。事務所協会の内部にいる建築士は、その傾向が更に高いことは、このような講習会にたくさんの人が集まることからもよくわかります。

国などの発行するマニュアルよりも、より実務者が疑問に思ったことを、わかりやすくQ&Aの形でまとめてありました。私も本日初めて見ましたが「こういうのが欲しかったんだよ」と感じましたね。今後の業務で役立てていきたいと思っております。

行政との意見交換会

東京都建築士事務所協会では、懇親の行事もありますが、実務に有益な行事も多数あります。そのうちの1つが行政との意見交換会です。以前に比べネット等で情報を入手しやすい時代になりましたが、それでもまだまだ直接行政の方のお話しを聞ける機会は貴重です。今回はお隣の支部の北部支部主催でしたので、南部支部からも4名参加させていただきました。

今年は建築基準法の改正が多く、テーマがたくさんでした。行政の方の説明は簡潔でわかりやすく、我々の質問の回答も丁寧でわかりやすいものでした。

適判要件、エレベーターの容積率対象面積不算入、特殊建築物定期調査報告、木3校舎・・・etc。いっぱいありました。また沿道耐震に関しても説明がありました。

支部会員には講習会、イベント等の案内が、本部から、支部長から届けられます。よく読んでぜひご参加ください。

バーベキュー大会

<準備はみんなで!>

平成26年7月26日(土)午前10時30分に集合場所の府中健康センタ-多摩川河川

敷土手下に会員及び賛助会員の方々が参加し恒例のバ-ベキュ-・輪投げ大会が開催され

ました。当日は小生が9時過ぎに現地に到着した所,すでにブル-シ-トが敷かれて道具と

食材は運ばれておりました,朝早くから業務委員の大木様と有志の方々が込み合うことを

考え準備してくださいましたことに感謝いたします。

P1070939 (Custom)<挨拶と乾杯>

集合時間が来るまでの間に野菜等の下ごしらえが行われ,会員の方々が集合し始めた頃

大木業務委員長の開催宣言とアトリエ・HOSOの細 洋司様の乾杯の音頭でバ-ベキュ-

大会が開始いたしました。

P1070940 (Custom)

新鮮な野菜・おいしい肉に加えて鷹取さんが準備してきてくださったエビとサ-モン等

をいただき冷えた生ビ-ルを野外でいただくことはとてもこたえられませんでした。

この後,輪投げ大会が行われ午後3時頃に盛会のうちに終了いたしました。開催に尽力し

てくださいました業務委員の方々に感謝いたします。

追記

小生,12時ごろにビ-ルをたらふく飲んで寝てしまい周囲の声で気がつくと熱中症にな

ってしまったようで救急車を呼ぶさわぎになってしまい大木様,小清水様・小林様に最後まで付合わせてしまい申し訳ありませんでした,お詫びいたします。

以上のような訳で12時以降のレ-ポ-トがありませんことをおわびいたします。

(報告 情報委員  細貝  実  (一級建築士事務所 株式会社 I・E・A))

平成26年度府中市木造住宅耐震改修助成制度に係わる講習会

毎年、府中市と商工会議所と共催している府中市木造住宅耐震改修助成制度に係わる講習会が6月18日にむさし府中商工会議所で開催されました。南部支部も府中部会の会員が講習会資料の作成、講師をつとめてまいりました。

DSCF9448 (Custom)

冨山府中部会長の挨拶

DSCF9457 (Custom)

甲田会員の地震・耐震診断についての解説。なお本講習会の参加者は50名を超える盛況ぶりでした。

DSCF9466 (Custom)

大木会員の耐震補強・工事についての解説。実際に補強工事を行った現場の事例を紹介しました。

DSCF9473 (Custom)

今回協力くださった、補強部材メーカー様の商品の説明。今回は4社にご協力いただきました。

旭トステム外装株式会社様アムハード小西株式会社様岡部株式会社様城東テクノ株式会社様、ご協力ありがとうございました。

今年も無事に終了いたしました。今年は府中市では新たにアドバイザー制度が始まりましたので、府中市からその説明がありました。本講習会は府中市の助成金を用いる木造住宅の耐震補強を行う際、必ず受講しなければならないと位置づけられています。耐震補強工事は特殊な工事のため、日々の研鑽はもちろんのこと、講習会などで勉強することが不可欠だと思っております。府中市で耐震補強をお考えの皆様、ぜひ、本講習会を受講した工務店・施工業者に補強をご依頼くださいませ。

耐震部材講習会

府中市木造住宅耐震改修助成制度の講習会の後、南部支部構造委員会主催で耐震部材の講習会を行いました。こちらの参加者は23名。南部支部会員、府中市の工務店等が参加しました。

前半は、旭トステム外装株式会社の発売されたばかりの耐力壁の新商品「パンチくん」、後半は城東テクノ株式会社の基礎補強部材「FRPグリッド基礎補強工法」でした。

DSCF9484 (Custom)

パンチくんは、パンチングメタルを使った光を通す耐力壁。受講者の関心も高く、多くの質問も。

DSCF9494 (Custom)

FRPグリッド基礎補強工法は、従来の増打ちなどに比べ非常に施工性が高く、これからの補強の主流になるのではないか?と思われる画期的なものでした。話が難しいので受講者は皆真剣に聞いています。

最後に安田構造委員より挨拶があり、今後も現場見学会など開催していくとのことでした。東京都建築士事務所協会南部支部は会員の技術向上にも力を入れており、よりよい診断・補強ができるよう日頃から研鑽を重ねております。その信頼性から各市の助成制度を用いた耐震診断・補強設計の窓口として活動をしております。耐震診断・補強について何かわからないことがありましたら、気軽にお問い合わせください。

南部支部総会無事終了

2014年4月25日は、南部支部の総会でした。総会って何をやるの??と言う方もいらっしゃいますので、もう一度紹介いたします。
一般社団法人東京都建築士事務所協会の下部組織である南部支部も当然ながら予算を組んで支部行事などを行っています。そのためきちんと予算が遂行されているかチェックする必要があります。そこで一般の企業のように決算を行い、監査をします。そういったことを一年に一度支部会員を集めて報告、承認する行事なのです。そのため全南部支部会員に参加権利があります。
P1010310 (Custom)

総会全景。議長のもと粛々と議題を進めていきます。無事、全議案了承され終了いたしました。

総会後には懇親会。こちらは来賓、協力会員様も加わりまして盛大なものになります。

P1010339 (Custom)

懇親会は、来賓の挨拶や新会員の挨拶などもあります。また南部支部ではお馴染みの詩吟!も健在。

もちろん、情報委員会編集の「窓」も無事発行されました。意外に読んでいただけて委員として嬉しい限りです。