耐震診断

南部支部では、木造耐震診断の特別チームをつくり、診断はもとより、いろいろな調査研究を行い、診断業務に対応しています。

各市の木造耐震診断及び耐震改修についてのご案内は下記にてご覧頂けます。また当協会の公益性により、当支部が制度診断機関として指定されておりますので、ご安心してご相談、ご依頼ください。

ご相談・ご依頼はこちらまで南部支部長 阿部憲章(アド構造設計株式会社)

東京都調布市多摩川 5-21-1 クレ-ル京王多摩川 101号
〒182-0025
TEL 042-480-6899
FAX 042-480-6856

耐震診断・耐震改修助成制度

現在、木造耐震診断及び耐震改修について補助金・助成金が出る自治体が増えています。詳しくは各自治体にお問い合わせください。
 ※狛江市も2009年秋より始まります。一部情報が古くなっている場合があります。詳しくはお問い合わせください。

自治体名 制度名 内容 問い合わせ
調布市 「木造住宅耐震診断助成制度」
「木造住宅耐震改修助成金交付制度」
府中市 「木造住宅耐震診断助成制度」
「木造住宅耐震改修助成金交付制度」
稲城市 「木造住宅耐震診断助成制度」
多摩市 「木造住宅耐震助成制度」
「非木造住宅耐震診断助成制度
三鷹市 「木造住宅耐震診断助成制度」
狛江市 「木造住宅耐震診断助成金交付制度」

※詳しくは各自治体へお問い合わせください


調布市

『木造住宅耐震診断助成制度』

昭和56年5月31日以前に建築された木造2階住宅の耐震診断の費用に対する3分の1に相当する金額で5万円を上限として、診断費用を助成。(その他、支援助成対象者は別規定あり)

『木造住宅耐震改修助成金交付制度』

上記制度の助成後、「調布市居住環境改善資金補助制度」による改修工事(防災・安全適応住宅改修工事)を実施する場合,耐震改修に要した経費の2分の1に相当する額で30万円を上限に補助金が交付される場合があります。詳しくは下記にお問い合わせください。

詳細は 調布市役所 都市整備部住宅課 0424-81-7141 

府中市

『木造住宅耐震診断助成制度
昭和56年5月31日以前に建築された木造2階住宅の耐震診断の費用に対する2分の1に相当する金額で10万円を上限として、診断費用を助成。
府中市木造住宅耐震診断助成制度の詳しいご案内はこちら(市広報PDF)
制度診断機関として、南部支部(府中部会)が指定されております。

詳細は 府中市役所 住宅勤労課勤労福祉係 042-335-4125
または 府中市役所 建築指導課構造設備係 042-335-4417

『木造住宅耐震改修助成金交付制度』
上記の耐震診断調査で改修の必要があると診断された住宅について市内に事業所があり、建築工事業の建設業許可を持つ建設業者が行う耐震改修費用のの3分の1に相当する金額で30万円を上限として助成。
府中市木造住宅耐震診断助成制度の詳しいご案内はこちら(市広報PDF)


詳細は 府中市役所 住宅勤労課勤労福祉係 042-335-4125
または 府中市役所 建築指導課構造設備係 042-335-4417

稲城市
『木造住宅耐震診断助成制度』

昭和56年5月31日以前に建築された木造2階住宅の耐震診断の費用に対する2分の1に相当する金額で2万5千円を上限として、診断費用を助成。
稲城市木造住宅耐震診断助成制度の詳しいご案内はこちら

詳細は 稲城消防署警防課防災係 電話042-378-2111(内線739)

多摩市

『木造住宅耐震診断助成制度』
消費税を除いた診断費用(5万円程度)の2分の1(千円未満切り捨て)で限度額は2万5千円として助成。平成18年4月20日(木曜)~11月30日(木曜)
※応募者多数の場合は、予算の範囲内で先着順に受け付けます
※申請をする場合は診断を受ける前に必ず住宅課へ相談してください
多摩市木造住宅耐震診断助成制度の詳しいご案内はこちら

詳細は 多摩市役所 住宅課 042-338-6817

『非木造住宅耐震診断助成制度』
昭和56年3月31日以前に建築確認を受けた非木造住宅・共同住宅の耐震診断に対し100万円を上限として、診断費用を助成。制度診断機関として、南部支部が指定されております。

詳細は 多摩市役所 くらしと文化部  042-338-6817 まで

三鷹市

『木造住宅耐震診断助成制度』
昭和56年5月31日以前に建築された木造住宅の耐震診断の費用に対する3分の2に相当する金額で2万4千円を上限として、診断費用を助成。
三鷹市木造住宅耐震診断助成制度の詳しいご案内はこちら

詳細は 三鷹市役所 都市整備部まちづくり建築課
電話0422-45-1151 内線2867

コメントを残す