「耐震診断・補強」カテゴリーアーカイブ

平成26年度府中市木造住宅耐震改修助成制度に係わる講習会

毎年、府中市と商工会議所と共催している府中市木造住宅耐震改修助成制度に係わる講習会が6月18日にむさし府中商工会議所で開催されました。南部支部も府中部会の会員が講習会資料の作成、講師をつとめてまいりました。

DSCF9448 (Custom)

冨山府中部会長の挨拶

DSCF9457 (Custom)

甲田会員の地震・耐震診断についての解説。なお本講習会の参加者は50名を超える盛況ぶりでした。

DSCF9466 (Custom)

大木会員の耐震補強・工事についての解説。実際に補強工事を行った現場の事例を紹介しました。

DSCF9473 (Custom)

今回協力くださった、補強部材メーカー様の商品の説明。今回は4社にご協力いただきました。

旭トステム外装株式会社様アムハード小西株式会社様岡部株式会社様城東テクノ株式会社様、ご協力ありがとうございました。

今年も無事に終了いたしました。今年は府中市では新たにアドバイザー制度が始まりましたので、府中市からその説明がありました。本講習会は府中市の助成金を用いる木造住宅の耐震補強を行う際、必ず受講しなければならないと位置づけられています。耐震補強工事は特殊な工事のため、日々の研鑽はもちろんのこと、講習会などで勉強することが不可欠だと思っております。府中市で耐震補強をお考えの皆様、ぜひ、本講習会を受講した工務店・施工業者に補強をご依頼くださいませ。

耐震部材講習会

府中市木造住宅耐震改修助成制度の講習会の後、南部支部構造委員会主催で耐震部材の講習会を行いました。こちらの参加者は23名。南部支部会員、府中市の工務店等が参加しました。

前半は、旭トステム外装株式会社の発売されたばかりの耐力壁の新商品「パンチくん」、後半は城東テクノ株式会社の基礎補強部材「FRPグリッド基礎補強工法」でした。

DSCF9484 (Custom)

パンチくんは、パンチングメタルを使った光を通す耐力壁。受講者の関心も高く、多くの質問も。

DSCF9494 (Custom)

FRPグリッド基礎補強工法は、従来の増打ちなどに比べ非常に施工性が高く、これからの補強の主流になるのではないか?と思われる画期的なものでした。話が難しいので受講者は皆真剣に聞いています。

最後に安田構造委員より挨拶があり、今後も現場見学会など開催していくとのことでした。東京都建築士事務所協会南部支部は会員の技術向上にも力を入れており、よりよい診断・補強ができるよう日頃から研鑽を重ねております。その信頼性から各市の助成制度を用いた耐震診断・補強設計の窓口として活動をしております。耐震診断・補強について何かわからないことがありましたら、気軽にお問い合わせください。

ジモトピ(3月10日~16日)に耐震診断について紹介しています

ケーブルテレビのジェイコムの「ジモトピ」3月10~16日放送分に南部支部会員で府中部会の耐震診断員である佐藤氏(佐藤靖生建築研究室)が、府中市の耐震診断制度や耐震診断・補強について解説しています。東日本大震災から3年。被災地の復興はなかなか進まないのですが、ほかの地域に大地震が発生しないわけではありません。まだ住宅の耐震化していない皆様、自宅の耐震性に不安がある方、ぜひ南部支部にご相談くださいませ。

改正耐震改修促進法の施行は11月25日

大規模施設に耐震診断を義務づける改正耐震改修促進法が、来月11月25日に施行されます。人が多く利用する大規模施設は地震で倒壊すれば非常に大きな人的被害がでる可能性があります。そのため近年、耐震診断、耐震補強の補助金は増額傾向です。改正法では、診断を義務づける建物の規模や種類を定めるほか、診断しなかったり虚偽の報告をしたものには、罰則(罰金)を科する、診断結果を公表するなど、従来より内容を強化しております。該当する建物のオーナー様はもちろん、その他の建物のオーナー様も、耐震診断依頼、相談は、東京都建築士事務所協会までお問い合わせください。

南部支部の耐震診断講習と、HOUSE-DOCの、よくある質問(メーカーホームページ)

東京都建築士事務所協会南部支部では、木造耐震診断の効率化および信頼性の向上のために、耐震診断ソフト「HOUSE-DOC」を利用して診断を行っております。HOUSE-DOCは構造計算ソフトの老舗である株式会社構造システムのロングセラー耐震診断ソフトで、日本建築防災協会の評価も受けている信頼性の高いソフトウェアです。南部支部では、チェックアンドフォロー体制を高めるために、木造耐震診断を行う会員にはHOUSE-DOCの導入を義務づけております。会員で情報を共有し手チェックアンドフォローしやすいようにしております。またメーカーからも講習会を南部支部向けに実施していただいております。

さて、そのHOUSE-DOCですが、メーカーのホームページに丁寧なQ&Aが紹介されております(メーカーホームページのよくある質問)。ソフトに形通り入力すれば診断できると勘違いしている人も多いようですが、そんなことはありません。メーカーはユーザーからの質問に真摯に応え、Q&Aを公開しております。このような姿勢が、HOUSE-DOCが支持されている理由でもあります。

南部支部では秋に、耐震補強現場の見学会を会員向けに実施する予定です。普段なかなかわかりにくいところを、現場で学習する貴重なチャンスです。技術者とはいえ、なかなか人の現場を見る機会はありません。このような場を共有できるのが南部支部の良いところです。常にスキルアップを目指しております。以下に過去の南部支部の講習会の一部を紹介します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

2005年の実地耐震診断講習会です。取り壊し前の家をお借りして、みんなで耐震診断をやりながら学習する貴重な講習会です。おかげでたくさんの人数で、壁などを壊しながらみんなで耐震診断を学習することができました。

RIMG1790 (Custom)

2005年のHOUSE-DOC講習会です。この年に購入したユーザーが多かったのでメーカーの方に講習会を開いていただきました。商工会議所のパソコンルームをお借りして実際に作業しながら学びました。

IMG_3948 (Custom)

2009年の府中市の耐震講習会。市と共同で市内の建設業者向けの施工の講習会を毎年開催しております。この年は、耐震補強部材のメーカーさんをお呼びして展示会を同時開催しました。

IMG_7695 (Custom)

2012年の耐震部材講習会。耐震補強用の部材はたくさんありますし、新製品も多いです。講習会でいろいろとメーカーの方から教わることは大切なことです。

DSC00015s (Custom)

2012年の耐震講習会。会員から上がってきた現診断の問題点・質問などを解消していきます。また助成金に関しても情報を共有していきます。

2013年も耐震補強の現場見学会などを企画しています。追って報告したいと思います。

耐震フォーラム(東京都主催)

平成25年9月4日午後1時半より、東京都庁第一本庁舎 5階大会議場にて、耐震フォーラムが開催されます。事前申込み制で500名限定です。参加費は無料です。

http://www.taishin.metro.tokyo.jp/learn/tokyo/campaign_2013_summer.html

さて、今年の題目は

1「首都直下地震発生時における建築物の不燃化・耐震化の重要性」

東工大大学院教授 大佛俊泰氏

2「耐震補強を伴う建築再生」

首都大学東京特任教授 青木茂氏

3「みずほの耐震化サポート」

株式会社みずほ銀行常務執行役員 飯盛徹夫氏

です。他にも専門家による耐震化個別相談会も同時開催いたします。

これは、2013夏耐震キャンペーン(8月25日~9月7日)の行事の1つであり、この期間は、他に耐震改修工法等の展示会や各種相談会も実施しています。

普段から耐震などに目を向けるというのは難しいです。防災の日やイベントなどを通して、今一度考えてみるのもいいと思いますので、ぜひご参加くださいませ。

府中市商工まつりのお知らせ

南部支部の府中市の会員が集まっている府中部会は市内の耐震診断のために2005年に設立されました。設立以降毎年、府中市商工まつりに参加しております。今年は8月9日~11日です。今年も無料相談などもやりますが、やはり目玉は起震車で10日、11日の1時から体験会を開始します。近年、首都圏にも大きな地震が来る確率があるといわれています。いざというときに慌てないためにも、ぜひ体験して、強い揺れに対する心の準備をしておきたいものです。

会場案内・スケジュールなどは

第53回府中市商工まつりのホームページ

をご参照くださいませ。

東京都の耐震診断技術者育成講習会及び修了考査

【新規】耐震診断技術者育成講習会及び修了考査のご案内

東京都では、都民が信頼できる耐震診断事務所の情報を提供しています。講習会を行い修了考査を合格した建築士が属する事務所を耐震診断事務所登録する制度です。

南部支部では、支部内で定期的に講習会を行い支部会員のスキルアップを図っています。また任意で上記制度の講習を受講し修了考査を合格している会員を数多く揃えております。

今年の講習・考査は、7月14日で、6月に申し込みを開始いたします。木造耐震診断を実施している事務所で、まだ受講されていない方は、是非受講・合格を目指してみてください。

2012年改定版「木造住宅の耐震診断と補強方法講習会」(日本建築防災協会)

昨年改定された木造住宅の耐震診断マニュアルの講習会です。

東京会場は6月18日(火)開催です。受講修了者には、カード式の耐震診断・耐震改修技術者証を発行してもらうことができます(終了後申し込み)。

お申込はこちら

東京都が液状化予測図の最新版を公開

2013年3月に、東京都より、「東京の液状化予測」が公開されました。ウェブサイトで手軽に液状化予測図を閲覧することができます。また元となった、水系図や、水田図、液状化履歴図なども閲覧(掲載地域はバラバラ)できますので、非常に便利なサイトとなっています。また一般向けに「液状化による建物被害に備えるための手引き」も公開されています。こちらはPDFで、一般の方にも非常にわかりやすい内容となっております。液状化に興味をお持ちの方は、是非ご覧ください。